成田富里徳洲会病院

Home >> 診療科・部門 >> 外科

外科

担当医のご紹介

外科の紹介

外科というと骨折に代表される外傷をイメージされる方も多いと思いますが、実際は一般消化器外科とも言われ、消化器・乳腺・内分泌臓器・末梢血管・縦隔・肺などの疾病に対する治療を担当しています

  • 甲状腺 甲状腺がん・甲状腺良性腫瘍・バセドー病
  • 乳腺  乳がん・乳腺良性腫瘍
  • 肺   気胸・消化器がんの肺転移・縦隔腫瘍
  • 食道  食道がん・食道アカラシア・食道裂孔ヘルニア(逆流性食道炎)
  • 胃   胃がん・胃十二指腸潰瘍・胃肉腫・十二指腸がん
  • 胆道  胆嚢がん・胆管がん・胆嚢総胆管結石・総胆管拡張症(膵胆管合流異常)
  • 膵臓  急性膵炎・慢性膵炎・膵臓癌・内分泌腫瘍
  • 肝臓  肝臓がん・肝内結石・肝血管腫
  • 小腸  イレウス(腸閉塞)・小腸がん・クローン病
  • 大腸  大腸がん・腸閉塞・潰瘍性大腸炎・クローン病・虚血性腸炎・憩室炎・憩室出血・急性虫垂炎
  • 肛門  痔核・裂孔・脱肛・直腸脱
  • 体壁  鼠径ヘルニア・腹壁瘢痕ヘルニア・臍ヘルニア

目標

低侵襲で根治性の高い手術を安全に提供する

*外科手術というと「痛い」,「怖い」とマイナスのイメージがあると思います.もちろん、薬で病気が治るのであれば,それに越したことはないと思います. しかしながら、外科手術以外に治療できない疾患も多く、国民病といわれる癌治療においても外科治療が主体であるのが現状です.

昔は「上手な外科医は大きく開ける」(Great Surgeon Great Incision)と言われ、開腹するなら大きく開けて良い視野で手術を行うのが良いとされていました.しかしながら、手術は悪い部分を切除したり,修復したりする代わりに体に大きな負担(侵襲)を与える治療法です.侵襲が大きければ病気は治ったけど命は亡くなったというような笑えない話も起こりえます.一流病院が食道がんの手術関連死亡率を何とか10%以下にという目標を堂々と話していたのは,ほんの20年前のことです.食道がんの周囲臓器を合併切除する拡大手術をやりました、手術関連死亡率は75%で長期生存はありませんでした,みたいな一般の人が聞いたら腰を抜かすよう報告が学会で自慢げに発表されていた時代もありました. そのような時代を経て、手術侵襲のメカニズムに対する研究が進み、傷の大きさが侵襲と大きな関連があることが分かって来ました.われわれが肌で感じていた同じ手術をしても開腹より腹腔鏡で行うほうが患者さんの回復スピードが傷の痛みの大きさだけでは説明できないほど速いという感触が科学的に証明されてきています. 院長の白部は日本に腹腔鏡が導入された黎明期より内視鏡外科手術に取り組み、特に肝胆膵領域ではパイオニアの一人として知られています.現在も保険適応ではありませんが、膵臓癌と胆嚢癌に対する腹腔鏡下根治切除を世界で初めて報告しました.また、肝切除の分野においても後区域切除と左葉切除という二つの術式を日本で初めて完全腹腔鏡下に行うことに成功し、現在は日本内視鏡外科学会技術認定医制度の肝臓部門の審査員を務めています.

胆嚢摘出術では当たり前となった腹腔鏡下手術ですが、現在では消化器手術症例のほとんどが実施可能となっていて(一部は保険適応ではありませんが)、当院では消化器外科手術の80%以上を胸腔鏡や/腹腔鏡を用いた内視鏡下手術で行っています.

2016年外科手術実績(2016/01/01-2016/12/31) 364例

手術分類 総例数 術式 手術数
食道癌
(内視鏡外科手術比率100%)
2  胸腔鏡/腹腔鏡下胸部食道全摘・郭清・胃管再建 1
 胸腔鏡/腹腔鏡下胸部食道全摘・郭清・結腸再建 1
食道良性疾患
(内視鏡外科手術比率100%)
6  腹腔鏡下アカラシア根治術 1
 腹腔鏡下食道裂孔ヘルニア根治術 5
胃癌根治切除
(内視鏡外科手術比率77.8%)
18  腹腔鏡下幽門側胃切除・郭清 9
 腹腔鏡下噴門側胃切除・郭清 1
 腹腔鏡下胃全摘・郭清 4
 開腹胃全摘・郭清 1
 開腹噴門側胃亜全摘・郭清・膵体尾部脾臓合併切除 2
 開腹幽門側胃切除・郭清・横行結腸/脾臓合併切除 1
胃癌バイパス手術    2  梶谷式胃空腸吻合 2
胃良性疾患
(内視鏡外科手術比率50%)
2  (難治性・反復性胃潰瘍)開腹噴門側胃切除 1
 (胃潰瘍穿孔)腹腔鏡下穿孔部閉鎖・腹腔洗浄ドレナージ 1
胃食道静脈瘤手術
(内視鏡外科手術比率100%)
3  腹腔鏡下脾臓摘出・胃上部血行郭清(腹腔鏡下Hassab手術) 3
十二指腸潰瘍穿孔
(内視鏡外科手術比率80%)
5  腹腔鏡下穿孔部閉鎖・腹腔内洗浄ドレナージ 4
 開腹穿孔部閉鎖・腹腔内洗浄ドレナージ 1
胆石症・胆嚢炎など
(内視鏡外科手術比率100%)
68  腹腔鏡下胆嚢摘出術 68
総胆管結石症
(内視鏡外科手術比率100%)
1  腹腔鏡下総胆管切開採石 1
肝内結石症 1  胆管切開採石・胆道再建術 1
胆管穿孔・汎発性腹膜炎 1  腹腔内洗浄ドレナージ・胆管外瘻造設 1
胆嚢癌根治術 1  胆嚢床肝切除・肝外胆管切除・郭清 1
膵臓癌/胆管癌/十二指腸癌根治切除 6  膵全摘・門脈合併切除再建 1
 膵頭十二指腸切除・郭清 2
 膵体尾部脾臓切除・郭清 2
 Vater乳頭切除 1
膵臓良性/低悪性度腫瘍
(内視鏡外科手術比率100%)
3  腹腔鏡下脾動静脈温存膵体尾部切除 2
 腹腔鏡下膵体尾部・脾臓切除 1
膵炎手術 2  重症膵炎開腹ドレナージ 1
 経十二指腸的膵石摘出・膵周囲ドレナージ 1
肝切除
(内視鏡外科手術比率53.8%)
13  腹腔鏡下外側区域切除 2
 腹腔鏡下肝部分切除 4
 腹腔鏡下開窓術 1
 肝拡大左葉切除・胆道再建・門脈合併切除再建 1
 肝拡大左葉切除・胆道再建 1
 肝右葉切除 1
 外側区域切除 1
 肝部分切除 2
大腸癌根治切除
(内視鏡外科手術比率72.5%)
40  腹腔鏡下大腸癌根治切除 29
 骨盤内臓器全摘(膀胱浸潤例) 4
 子宮/膣合併切除腹会陰式直腸切断(膣浸潤例) 1
 大腸癌根治術切除・腹腔洗浄ドレナージ(大腸癌穿孔例) 4
 大腸癌根治切除 2
大腸良性疾患手術
(内視鏡外科手術比率27.3%)
11  大腸穿孔/結腸部分切除/腹腔内洗浄ドレナージ 4
 大腸穿孔/穿孔部人工肛門造設/腹腔内洗浄ドレナージ 1
 大腸穿孔/穿孔部閉鎖/腹腔内洗浄ドレナージ 1
 腹腔鏡下結腸切除(反復性憩室炎) 1
 腹腔鏡下直腸切断術(難治性直腸出血) 1
 腹腔鏡下結腸切除/結腸膀胱瘻閉鎖(結腸膣瘻) 1
開腹結腸切除(結腸皮膚瘻) 2
小腸腸閉塞
(内視鏡外科手術比率71.4%)
14  腹腔鏡下癒着剥離 5
 腹腔鏡下小腸切除 5
 開腹癒着剥離術 1
 開腹小腸切除 3
小腸穿孔
(内視鏡外科手術比率50%)
2  開腹小腸切除・腹腔内洗浄ドレナージ 1
 腹腔鏡下小腸切除・腹腔内洗浄ドレナージ 1
副腎手術
(内視鏡外科手術比率100%)
1  腹腔鏡下副腎切除 1
急性虫垂炎手術
(内視鏡外科手術比率96.7%)
30  腹腔鏡下虫垂切除 28
 腹腔鏡下回盲部切除 1
 開腹虫垂切除 1
肛門疾患 2  PPH(内痔核/脱肛手術) 1
 経肛門的ポリープ切除 1
鼠径ヘルニア根治術
(内視鏡外科手術比率92.3%)
39  腹腔鏡下鼠径ヘルニア根治術 36
 通常法によるヘルニア根治術 3
鼠径部以外のヘルニア
(内視鏡外科手術比率88.9%)
9  腹腔鏡下ヘルニア根治術 8
 開腹による腹壁瘢痕ヘルニア根治術 1
乳癌根治手術 1  乳腺全摘/腋窩リンパ節郭清 1
甲状腺手術 1  甲状腺腫瘍切除 1
血管関連手術 34  大伏在静脈静脈巣トリッピング(下肢静脈瘤手術) 6
 内シャント造設術 12
 (シャント不全)静脈結紮術 1
 CVポート造設術(化学療法目的) 11
 CVポート摘出 2
 デンバーシャント造設(難治性腹水) 2
自然気胸
(内視鏡外科手術比率100%)
8  胸腔鏡下部分肺切除 8
その他 38  腹腔内洗浄ドレナージ(腹腔内膿瘍) 3
 腹腔鏡下汎発性腹膜炎手術 1
 腹腔鏡下腸間膜腫瘍切除生検 1
 胸壁腫瘍切除 1
 頸部深部膿瘍・切開排膿ドレナージ 1
 臀部膿瘍切開排膿 1
 毛巣洞根治術 1
 皮下腫瘤摘出術 11
 皮下異物摘出術 1
 腹壁創デブリートメント・縫合閉鎖術 5
 リンパ節切除生検 4
 人工肛門閉鎖術 5
 試験開腹術 1
 汎発性腹膜炎手術 2

このページの先頭に戻るこのページの先頭に戻る