成田富里徳洲会病院

Home >> 診療科・部門 >> 循環器内科

循環器内科

担当医のご紹介

診療内容・特徴

わが国では、生活様式の欧米化・社会の高齢化に伴い、動脈硬化性疾患や心不全の患者数は増えつづけております。
循環器内科では、狭心症や心筋梗塞や下肢閉塞性動脈硬化症などの動脈硬化疾患、心不全、心筋症や不整脈など多岐にわたる循環器疾患に対して診療を行っております。

心筋梗塞・不安定狭心症や急性心不全などの緊急疾患を積極的に受け入れており、24時間、365日体制で迅速な対応・治療にあたっております。
心臓血管カテーテル治療(バルーン、ステント治療)に関しては、看護師、臨床工学技士、放射線技師など熟練したスタッフとのチーム医療を確立しております。

生命に直接影響を及ぼす可能性のある心臓病・動脈硬化性疾患を扱うため、正しい診断のもとに適切な治療を行うことにより、皆様の健康な暮らしのお手伝いができますよう努力してまいります。

診療所・クリニックの先生方へ

急性心筋梗塞、急性非代償性心不全や頻脈性不整脈疾患などの緊急・急性期疾患から慢性期治療まで幅広く、循環器診療を行います。24時間、365日対応いたします。いつでも迅速に検査、治療を行うための体制をとっております。当院で主に行っている診療は以下になります。

  • 頸動脈、鎖骨下動脈、冠動脈、腎動脈や下肢動脈狭窄病変に対するカテーテル治療
  • 慢性完全閉塞病変(Chronic Total Occlusion:CTO)に対するカテーテル治療
  • 動静脈瘻、動脈瘤に対するコイル塞栓術
  • ペースメーカー植え込み術
  • 心不全、心筋症に対する精査・加療
  • 各超音波検査、冠動脈造影CT、心臓MRIによる画像診断

動脈硬化性疾患にて治療が必要な患者様には、ほとんどの症例に出来るだけ患者様に痛みや負担のかからない低侵襲カテーテル術を施行しています。短期入院で治療ができます。
胸痛や労作時胸部圧迫感にて、保存治療にて軽快せず加療を希望されている方がいましたら、ご紹介ください。

息切れでは心不全が代表的な疾患ですが、狭心症、貧血や呼吸器疾患など他の疾患も多く、明らかな原因のない例もあり、見逃されやすく息切れが持続、悪化する方は精査にて確定診断することが重要ですので、ご紹介ください。

原因不明の心肥大には、肥大型心筋症、心アミロイドーシス、心サルコイドーシスや心ファブリー病などの基礎疾患が隠れていることが少なくありません。精査にて確定診断することにより、特異的な治療につながることがありますので、ご紹介ください。

患者の皆様のご負担を極力減らすことができるように十分にご説明させていただき、ご理解・同意を得られたうえで最善の診療を行います。患者の皆様のためスタッフ一同、尽力しております。


このページの先頭に戻るこのページの先頭に戻る