成田富里徳洲会病院

Home >> 診療科・部門 >> 消化器内科

消化器内科

担当医のご紹介

消化器内科紹介

一言で消化器内科といっても、消化管、肝臓、胆道・膵臓などを含む幅の広い領域です。肝胆膵、消化管のいずれにおいても似たような症状で異なる病態のことをしばしば遭遇します。患者の訴えに真剣に耳を傾け、全身状態、精神状態を十分把握したうえで患者の要望を取り入れつつ、常に患者の立場に立った医療を心がけています。特に地域の高齢化が進み、医療費の負担が年々増加する中、最良よりも最適の医療を提案するといった取り組みがより現実的で重要なことであると考えております。

消化器内視鏡領域では日本が世界をリードしている分野であり、超高齢患者のニーズに合わせて当院においても消化器内視鏡による新しい低侵襲治療に力を入れています。

検査前には、待合室でスクリーンに映し出される検査の説明をご覧頂きながら前処置を行ないます。プライバシーを守るため、検査はすべて個室の内視鏡検査室(3室)で行い、検査後にお休みいただくためのリカバリールームもご用意しています。
内視鏡は最新機器をそろえており、拡大内視鏡など高精細の画像や色彩、構造の強調が必要に応じてできるハイビジョン内視鏡システムも導入しています。日本消化器内視鏡学会専門医をはじめとする経験豊富な医師が検査を担当し、胃の検診では直径5.9mm(先端部)という細径の内視鏡を用いて、体への負担や苦痛の少ない検査を目指して努力いたします。

上部内視鏡検査(胃カメラ)では、胃潰瘍・十二指腸潰瘍をはじめ、胃がんはもちろん、口腔・咽喉頭領域の疾患の早期発見にも力を入れております。早期に病気が発見された場合には内視鏡による治療を積極的に行っております。また最近日本人でも増加傾向にある逆流性食道炎や食道裂孔ヘルニア、食道アカラシアなど機能性疾患に対しても内視鏡による低侵襲治療(POEM、ESD-Gなど)を積極的に行っています。
また、下部内視鏡検査(大腸カメラ)では鎮痛剤に頼らないより苦痛の少ない内視鏡検査を心がけており、多くの方に安心して検査を受けていただき、近年日本人に急増している大腸がんの早期発見につながるよう努めております。そのうえで、大腸がんや大腸ポリープなどが発見された場合は、内視鏡によって積極的に取り込みたいと考えております。さらに胆道・膵臓の疾患を疑う場合においては、CT・MRI・腹部超音波検査など画像による検査を組み合わせることで、疾患の的を絞った上で十二指腸カメラを用いた検査・治療を行っております。これらの検査により、的確な診断に基づく内視鏡的治療を行ってまいります。

また、消化器内科と外科が密接に連携をとり、内視鏡治療の適応でない場合にも、腹腔鏡下手術や外科手術、その他の検査・治療を専門的に行うことができる環境が整っており、他科との連携を緊密に取りながら、適切な医療のご提供をめざしています。

主な内視鏡検査・治療

上部消化管内視鏡検査(胃カメラ)

  • 通常内視鏡検査(経口内視鏡、経鼻内視鏡)
  • 拡大内視鏡検査
  • 画像強調内視鏡検査
  • 内視鏡的止血術
  • 静脈瘤治療(内視鏡的結紮術、内視鏡的硬化療法)
  • 内視鏡的ポリペクトミー・粘膜切除術(EMR)
  • 内視鏡的粘膜下層剥離術(ESD)
  • 内視鏡的ステント留置術
  • 腹腔鏡・内視鏡合同手術(LECS)
  • 内視鏡的経皮的胃瘻造設

下部消化管内視鏡検査(大腸カメラ)

  • 通常内視鏡検査
  • 拡大内視鏡検査
  • 画像強調内視鏡検査
  • 内視鏡的止血術
  • 内視鏡的ポリペクトミー・粘膜切除術(EMR)
  • 内視鏡的粘膜下層剥離術(ESD)
  • 内視鏡的ステント留置術

胆膵内視鏡検査(十二指腸カメラ)

  • 内視鏡的逆行性胆管膵管造影(ERCP)
  • 内視鏡的乳頭切開術(EST)
  • 内視鏡的乳頭拡張術(EPBD/EPLBD)
  • 内視鏡的胆道結石砕石術(EML)
  • 内視鏡的経鼻胆道ドレナージ(ENBD)
  • 内視鏡的経鼻膵管ドレナージ(ENPD)
  • 内視鏡的ステント留置術

内視鏡的治療実績

2015-2017年開院以来、上部内視鏡3841件、下部内視鏡1756件、2016年1月~2017年12月の内視鏡的治療実績は下記に示します。

食道ESD3件
EIS/EVL5件
胃・十二指腸EMR3件
胃・十二指腸ESD12件
大腸EMR172件
大腸ESD4件
消化管止血140件
ERCP228件

治療症例

当院での治療症例を提示します。

1.表在型食道がん ESD

2.早期胃がん ESD

3.平坦型大腸腫瘍 EMR(A-C:腺腫EMR、E-G:腺腫内粘膜がん。同一症例)

このページの先頭に戻るこのページの先頭に戻る