成田富里徳洲会病院

〒286-0201 千葉県富里市日吉台1-1-1

文字サイズ
  • 標準
  • 拡大
  • en
  • cn
MENU

診療科・部門のご紹介

放射線科

放射線科について

放射線科では、レントゲンやCT、MRI、マンモグラフィ等の
医療機器を使用し病気や怪我の画像診断・検査を専門に扱っています。
院内における検査に限らず、
近隣医療機関からの検査依頼も受け付けております。

機器紹介

CTcanonAquilion ViSION Edition 320列
MRIGEMR360 ADVANCE16 1.5T (資料を見る)
一般撮影島津RADspeed Pro DR
マンモグラフィSIEMENSMAMMOMAT Inspiraition
透視装置canonZEXIRA
canonUltimax-i
血管撮影装置PHILIPSAllura Clarity FD20/10
その他ポータブル、イメージ
フィルムレス運用

CT

Canon社製 Aquilion One ViSION Edition 320列

CT(コンピュータ断層撮影:Computed Tomography)装置とは、X線管球が体の回りを回転しながら撮影を行い、
その情報をコンピュータで解析する事で、体を輪切りにしたような断層写真を撮影する装置です。
また、コンピュータでその写真を再構成することで、骨などの立体的な3D画像を作成する事も可能です。
更に、造影剤を使用して検査を行う事で、心臓や、大動脈などの血管の3D画像を作成する事が可能です。

当院では、Canon社製の320列のCTを導入し、従来のCTに比べ非常に少ないX線でCT検査が可能になっております。

MRI

GE社製 Optima MR360 Advance 1.5T

MRI(核磁気共鳴画像診断:Magnetic Resonance Imaging)検査とは、
強力な磁石の力で体の中の水素原子から信号を取り出し、画像化する検査です。
X線は使わないので、放射線による被ばくがないのが長所です。

また、体の向きを変えることなく様々な断面の写真を撮ることができ、造影剤を使わなくても血管の3D画像を撮影する事が可能です。
ただし、磁石の力で検査を行う為、体内に心臓ペースメーカー等の医療機器、人工関節などの金属がある方は検査出来ない場合があります。
詳しくは、当院の放射線科までお問い合わせください。

血管撮影装置

Philips社製Allura Clarity FD20/10

Philips社製Azurion 7 C20

血管撮影室では、カテーテルと呼ばれる細い管を血管内に挿入し、心臓や体内の血管の撮影や治療を行っています。
当院では、2方向から同時に撮影可能なバイプレーン機能を備えた装置を設置した部屋と、
手術室内に血管撮影装置を設置したハイブリッド手術室の2つの検査室で検査を行っています。

マンモグラフィ

SIEMENS社製 MAMMOMAT Inspiration

左:従来のマンモグラフィ  右:3Dマンモグラフィ

マンモグラフィとは、乳房のレントゲン写真の事です。マンモグラフィ専用の装置を使って、
乳がんの初期症状である微細な石灰化や、小さなしこりなどを早期に発見する事ができます。
当院では、3Dマンモグラフィ(トモシンセシス)が撮影できるSIEMENS社製 MAMMOMAT Inspirationを導入しており、
従来の2Dマンモグラフィでは乳腺に隠れて見えなかった病変も描出する事が可能になります。

骨密度検査

骨密度検査とは、骨の中にあるカルシウム等のミネラルがどの程度あるか測定する事で、骨の強度を調べる検査です。
骨密度が低下すると、骨がもろくなり骨折しやすくなるので、定期的に検査することが重要です。
当院では、2種類のX線を使って骨密度を測定するDEXA法で検査を行っています。

X線透視装置

Canon社製 ZEXIRA

Canon社製 Ultimax-i

X線透視装置とは、X線を用いてリアルタイムで体の中の状態を見る事ができる装置です。
当院では、2台の装置を導入しており、胃透視などの消化管の検査や、ERCP(内視鏡的逆行性膵胆管造影)、
ミエログラフィーなどの検査を行っています。

一般撮影

島津社製 RADspeed Pro DR

島津社製 Mobile Art Evolution

一般撮影とは、胸部や腹部、骨などのレントゲン撮影のことです。
撮影した写真から、胸部であれば肺炎や心肥大など様々な疾患を診断する事が出来ます。
また、骨の写真から骨折の有無を診断する事も出来ます。

当院では、FPD(フラットパネルディテクタ)を導入した撮影室を2室有し、
従来に比べ半分以下のX線量で検査を行うことが出来ます。
入院中の患者様で、状態が悪く動けない方は、移動型のX線装置を用いて、病室で検査を行っています。

実績

2018年4月~2019年3月

レントゲン撮影21689件
CT3558件
MRI949件
マンモグラフィ199件
血管撮影586件
骨密度検査231件
透視検査805件

放射線科スタッフ

  1. 診療放射線技師:10名(男性:7名 女性:3名)
  2. 非常勤放射線科医師:3名
閉じる